市民体験農園 過去最高の152家族が参加 (2009/05/24)

noen1.jpg 市内五助沢にある市民体験農園(塩谷3)が、5月24日(日)10:00から開園した。

 市民体験農園(おたる自然の村市民体験農園協議会・若林金吾会長)は、市民に野菜や草花作りの場を提供している。1区画(20平米)を年間4,000円で利用出来る。

 今年は、開園25年の節目の年で、過去最高の152家族が参加。371区画を使用して、ジャガイモやトウキビなどの農作物を育てる。

 生憎の天候となったが、予定通り10:00から開園式が行われ、若林会長が、「今日は農作業は無理かもしれないが、10月までの期間いっぱい力添えをさせて頂く。分からないこともあると思いますので相談して下さい」と呼びかけた。

 小樽市産業港湾部の磯谷揚一部長は、「今年は、新規で19家族が参加しています。152家族が371区画を利用するなど、盛んになってきました。土と緑を通じてリフレッシュして、やすらぎの場になってもらいたい。約半年後に収穫祭があります。丹精込めて愛情深く作物を育ててもらいたい」と挨拶し、関係者たちとともに「ヨイショッ」と鍬入れをして、開園を告げた。
noen2.jpg

 この日は、昨日の降雨の影響で土が湿っており、参加者たちは農作業をしないで帰宅する人がほとんどだった。中には、石灰を撒いてから帰る人の姿も見られた。

 市内在住の男性は、「土が湿っていると、耕しても足を入れると固まってしまうので、また耕さないといけなくなる。苗を植える時は、根っこに空気を入れないといけないので、土が乾いている時じゃないと難しいから、また日を改めてやる」と話していた。

 これから小樽の農作業シーズンが始まり、152家族は、秋の収穫祭まで丹精込めて農作物作りに励む。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


福祉に理解を! ふくしフェス2018 in 小樽

しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈