生きた卵を展示 おたる水族館「コロンブスのたまご」 (2009/05/24)

tamago.jpg 産卵時期の2週間しか見ることが出来ない、生きた卵を展示する珍しい企画「コロンブスのたまご」が、おたる水族館(祝津3)で、6月7日(日)まで開かれている。

 企画展 「コロンブスのたまご」は、命をつなぐカプセルとして、卵にスポットライトを当てている。「水に棲む生き物たちの卵を生体展示し、神秘的な命の息吹と輝きを伝えたい」(同館) としている。

 展示は、館内正面ロビーのウミガメ水槽の向かい。ナヌカザメやカエルとサンショウウオ、ヤリイカの卵が並んでいる。

 中でも、ナヌカザメの卵は、卵からふ化した幼体の展示で、卵の中で動くサメの子供を観察出来る。卵を立てて後ろから光りを当てて展示しており、 普段は海底にあり見ることのできない貴重な卵を、間近で見ることが出来る。

 企画名の「コロンブスのたまご」は、1492年にアメリカ大陸を発見したコロンブスの偉業から付けた。卵の展示は、産卵時期からふ化するまでの期間限定で、5月23日(土)から6月7日(日)までのたった 2週間だけだ。


ヤリイカ

エゾアカガエル

エゾサンショウウオ

ナヌカザメ
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

小樽市長選!鳴海氏「みんなの共同行動」結成

北運河ルネサンス! 新たな小樽の魅力発見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈