富岡2団体の地区計画提案書 市が正式受理 (2009/05/19)

 市内富岡地区の建物の高さを10m以下に制限し景観を守ろうと、市内富岡地区の住民の手で進められている「都市計画法に基づく都市計画の提案制度」の導入で、税務署周辺と日銀行舎跡地周辺の2ヵ所から出されていた地区計画の提案書を、5月13日(水)と19日(火)に、小樽市が正式受理していたことが分かった。

 「税務署周辺地域まちづくりの会」は3月12日に、「日銀行舎跡地まちづくり協議会」は3月30日に、それぞれ、市建設部都市計画課に、地区計画の提案書類を提出していた。

 この後、市は、この提案書を審査し、法務局の登記事項によって、提案書類に同意した土地所有者などの権利確認を行っていた。税務署周辺は5月13日、日銀行舎周辺には19日付で、正式受理(要件確認)したことを通知した。

 市は、2団体の提案について、建物の高さを10m以下に制限をする必要があるのかなどについて検討し、都市計画を変更するかどうか判断を出す。変更する必要があるとした場合、素案作りを行い、都市計画審議会で審議されることになる。

 市が、富岡地区2ヵ所での地区計画の提案書を正式受理したことで、住民主導の街づくりが大きく前進することになった。

 ◎「税務署周辺地域まちづくりの会」関連記事1 関連記事2

 ◎「日銀行舎跡地まちづくり協議会」関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4

 都市計画の提案制度について(PDF)

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈