メーデーのデモ行進 23労組960人が結集 (2009/05/01)

mayday.jpg メーデーの5月1日(金)9:30から、ゴム連合、JP労組、全開発、北教祖などの労組が色内ふ頭公園(色内3)に結集し、「労働者『使い捨て』を出すな」、「ストップ賃下げ」と訴えた。

 「第80回小樽地区メーデー大会」は、連合小樽実行委(佐藤浩一実行委員長)の主催。

 「働くものの連帯で『平和・人権・労働・環境・共生』に取り組み、労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界をつくろう!」のスローガンのもと、傘下23団体960人が集まり、色内ふ頭公園に各労組の旗を並べた。

 佐藤実行委員長は、「自公の景気・経済対策は、15兆円もの巨額で、将来に莫大な借金をつくるものとなっている。崩壊した社会の構造を検証もしないで、一時しのぎのもので、ただの選挙対策でしかない。定額給付金も、子育て支援も1年限りのもので、ただの選挙目当てに我々の血税が使われている」と呼びかけた。

 「衆議院の早期解散と政権交代を求める」や「雇用・景気回復、暮らしの安心を求める」などの決議案と、スローガン、メーデー宣言を採択し、実行委員長発声のもと、団結ガンバローを三唱した。

 この後、集まった組合員たちは、「労働者『使い捨て』を出すな」、「ストップ賃下げ」などのプラカードを掲げ、デモ行進を行った。行進では、色内ふ頭公園から港湾部前港町交差点、サンモールアーケード街入り口までを練り歩いた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


らいでんメロン 小樽で初せり5玉15万円!

小樽初 0歳からのジャズライブ!

ジャナグル日本縦断ツアー!ロース幼稚園

小樽龍宮神社例大祭!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈