ミズバショウ・ザゼンソウ 春の芽生え (2009/03/30)

 4月も間近に迫り、市内長橋なえぼ公園(幸1)で、春の湿地植物・ミズバショウとザゼンソウが、次々と顔をのぞかせている。


 同公園は、自然生態観察公園として知られている。毎年4月頃、残雪の隙間の雪解け水の中から、ミズバショウとザゼンソウの可憐な花が咲き、春の到来を告げる。


 今年は、3月30日(月)に、早くもこの2種類の湿地植物があちこちで顔をのぞかせている。


 ミズバショウは、白と黄緑のコントラストが綺麗な花で、4月~5月頃に咲く。いまはまだ、白い仏炎苞は閉じており、この内にある花序は包まれた状態となっている。


 ザゼンソウも、4月~5月頃に、黒紫色の仏炎苞の中から黄色の花が咲く植物。これも大半は、まだ黒紫色の仏炎苞が背を丸めており、内の花序の顔は出ていない。しかし、いくつかのザゼンソウは開き始め、黄色の花が少しずつ顔をのぞかせている。


 今年は記録的な暖冬となったものの、3月中旬から下旬の季節外れの降雪に見舞われたが、ここ2、3日で一気に春の陽気が広がり、市内の花の季節が歩み始めた。


 同園内には、リスや野鳥が訪れており、自然豊かな小樽の春の訪れを実感することが出来る。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》
     ◎記事で見る森井市政の3年間!末期症状の森井市政


似鳥美術館にステンドグラスギャラリー新設

雨天仕様で実施 第19回おぼん万灯会

夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

小樽の26店が集結!第4回熱闘ザンギ甲子園

戦没者記念塔建立50回目の小樽商大慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈