市水管工事業組合 AEDを市に寄贈 (2009/03/30)

aed.jpg 小樽市水管工事業協同組合(平口山謙一理事長)は、3月30日(月)13:00、自動対外式除細動器「AED」1台(30万円相当)を、市に寄贈した。


 同組合は、「豊かな暮らしに貢献するため」と、AEDの寄贈を4年間続けている。


 30日(月)は、組合の理事長らが市役所を訪れ、「市長のおかでライフラインを守る工事ができ、安心した生活を送れる。新年度の予算もつけて頂き、全力をあげて取り組んでいく」と目録を手渡した。


 市長は、「東京マラソンでお笑いタレントの松村邦洋さんが倒れたが、AEDのおかげで助かったようだ。大変助かる」と話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈