春の使者・フキノトウの芽生え (2009/03/22)

 雪解けの季節を迎え、小樽市内各所で、春の使者・フキノトウが顔をのぞかせている。


 フキノトウは、春を告げる最初の使者として知られている。冬眠から目覚めた熊が、最初に食べるものとも言われている。春に一番早く出てくる山菜で、ほろ苦い独特の香りがある。


 市内の雪を被っていた斜面の雪解けとともに、あちこちで顔をのぞかせ、春の息吹を告げている。


 旧堺小学校のグラウンド脇の斜面には、雪の下で芽を出したフキノトウが、すでに黄色い苞(ほう)を広げている。周囲の雪に映え、緑の季節の到来を実感させている。幻の手宮滝の周辺でも、次々に芽吹き始めている。


 小樽では、あまり食材とされず食べる人は少ないが、東京などでは早春の食材として珍重され、雪の下から掘り出した小さなものの方が、苦味が少なく食べやすいとされている。


 つぼみの堅いものを採って、てんぷらや味噌炒めなどの早春の山菜料理に最適だ。


 この時期にしか味わえない早春の山菜の一番手はフキノトウだ。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

文化の日 小樽市文化祭伝統フェスティバル!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈