止まらぬ病院会計の悪化 樽病の1月収益は今年度最少 (2009/03/11)

 市立小樽病院・第二病院の1月分の診療収入の結果がまとまった。


 これによると、両院合計の前年同月比は、入院収益が3,000万4,000円、外来収益が2,673万6,000円の計5,674万円のマイナス。患者数は、同じく前年同月比で入院1,106人、外来2,156人の計3,262人のマイナスとなった。


 特に小樽病院の入院収益は、前年比マイナス5,564万円の2億444万円となり、2008(平成20)年度の4月から1月までで最少数値を記録した。しかし、逆に第二病院の入院収益は、2億1,015万円と一番高い数値となった。両院合計では、入院・外来収益は、前年比マイナス5,674万円で、収益の減少が止まらない。


 樽病事務局では、「内科医師の退職の影響もあるが、1月の年始休みなどで入院日数が少ないことも影響している」という。


 小樽病院会計の収益・患者の落ち込みは、毎月、前年度よりも減少しており、診療科の休止、特に呼吸器内科の10月からの休止が大きく影響を及ぼしている。


 関連記事


 平成20年度診療収入

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈