「市長は2,581万円を返せ」 12日に住民訴訟第2回弁論 (2009/02/11)

 小樽市山田勝麿市長が行った新病院建設中断による基本設計解約料2,581万円の支払いは、不当なものなので市に返還せよという住民訴訟「平成20年(行ウ)第30号 損害賠償履行請求事件」(坂本宗一裁判長)の第2回弁論が、12日(木)10:00から、札幌地方裁判所で開かれる。


 たった一人で山田市長の公金支出は不当なものとして、住民訴訟を起こしている市内在住の松浦光紀氏(62)は、第2回弁論を前に、「新市立病院 建設は 何が問題なのか?」と題するペーパーを作成し、弁論への傍聴を呼びかけている。


 すでに、この呼びかけに応じ、市民からも傍聴参加者が出始めており、公開法廷の場で、市長の2,581万円の公金支出の妥当性が改めて問われることになる。


 関連記事


     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈