12月末 総看護師長ら一斉退職 市立小樽病院 (2008/12/26)

 医師や患者の逃げ出しが相次ぐ市立小樽病院で、12月末に、総看護師長ら11名の看護師が一斉に退職することが分かった。


 小樽病院の総看護師長は、看護師210名を統括する看護部のトップを担う重職で、市の部長会(次長職)に所属しており、市役所幹部女性職員3人のトップの立場にあった。


 的場由紀子総看護師長は、2005(平成17)年4月1日付で札幌医科大学付属病院を辞めて樽病に移り、3年9ヶ月間勤務していた。定年を前に、一身上の都合で退職することになった。後任には、樽病の副看護師長が内定している。


 定年を前に退職することで、様々な憶測を呼んでいた。すでに一ヶ月前から退職するとのうわさが流れていたが、病院事務局は、仕事納めの12月26日(金)になってようやく退職することを認めるなど、情報を公開に後ろ向きの姿勢に終始していた。


 総看護師長のほか、看護師も次々と退職することが分かった。12月末には、樽病で11名、第二病院で4名の計15名が一斉に退職する。


 このほか、1月に樽病で1名、2月に二病で1名、3月に樽病2名・二病8名の計12名が退職することが決まっている。


 樽病事務局によると、「4月・5月で計16名の看護師の採用が決まっているが、このほか、1月、2月に採用試験を行い、新たに4月、5月に入ってもらうような計画を考えている」と、不足する11名の補充に追われている。


 医師・看護師・患者の逃げ出しが止まらないことは、市立小樽病院の医業収益にも大きな影響を及ぼしており、今後さらなる退職者が増えれば、さらに経営を圧迫することになる。


 関連記事1 2 3 4 5 6 7 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈