北海道新幹線・札幌ー長万部間 「今後の推移を慎重に」 (2008/12/18)

 整備新幹線の政府・与党ワーキンググループは、12月16日(火)に、北海道新幹線の札幌ー小樽ー長万部間の部分着工することを目指すとしたが、小樽市の総務部新幹線・高速道路推進室は、「財源確保のめども立っていないようなので、今後の推移を慎重に見たい」と冷静だ。


 北海道新幹線は、青森市から札幌市までの延長約360km。建設費約1兆5,800億円(平成15年運輸省試算)。時速360kmで走ると、札幌から函館まで45分、青森まで1時間19分、仙台まで2時間35分、東京まで3時間57分。


 建設に係る市町村負担見込は、国3分の2、道3分の1となっている。道が負担する一部を市町村に負担させることが出来るとしている。


 市内の新幹線駅「新小樽駅(仮称)」は、現在のJR小樽駅から約5km離れた奥沢水源地に向かう天神2の奥まった場所となる。JR小樽駅から新小樽駅までの接続は、バスで約20分以上かかると予想される。


 今回、政府・与党ワーキンググループが、北海道新幹線を部分着工するかの判断は2009(平成21)年度にすることを明らかにしたが、「着工するかどうかの判断を2009(平成21)年度中にするとし、財源の見通しや整備方式もまだ未確定なので、なんとも言えない。今後の推移をみながら慎重に取り組んでいく」(小樽市)としている。


 市内では、「もし建設が決まれば、小樽の建築関係の業者にも仕事が入って良いかもしれないが、一時的なもの」、「本当に出来るのか。札幌、小樽、長万部間を作ったとしても、函館から長万部が結ばれないと意味がない」、「着工するとかの前に、なんであんな山奥に作るんだ」などの声が上がっている。


 新党大地の鈴木宗男衆議院議員は、北海道新幹線の札幌延伸問題について、月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログで、「あとみなさん、新幹線もう一回考えてみてください。みんな新幹線来たらバラ色だと思うけどね、新幹線来たら(観光客が)なお"通過"になりますよ。本当に新幹線が必要かどうかということに、みなさん方の負担、小樽の駅なんて300億ですよ。これは小樽市でつくらんと駄目なんですよ。みなさん。駅構内というのは。・・・みんなね、新幹線、新幹線と言えば経済界も会議所も、ここの市長含めてですよ、なんかバラ色のような夢見てる。一回ね、真剣な議論をやった方がいいと私は思いますよ」と指摘している。


 ムネオ氏小樽で激白!「道新幹線(゚⊿゚)イラネ」


 「国の動き」


 北海道新幹線「新小樽(仮称)駅周辺整備構想」を策定しました

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈