小樽市除雪対策本部スタート  (2008/12/01)

josetu.jpg 12月1日(月)、小樽市除雪対策本部(本部長・山田厚副市長)がスタートした。


 山田本部長は、市役所第2委員会室に集まった本部員115名の前に立ち、「来年の3月31日まで、冬期間における交通の安全を確保し、市民の快適な冬の暮らしを守るため、本格的な除排雪業務を開始する」と宣言。


 今年度の市の除雪予算は、昨年度同様9億5,000万円。昨冬は、降雪量が465㎝となり、予算を追加補正し、10億1,689万円となった。


 今季は、11月19日の初雪で一気に23㎝積もったことから、翌日の20日早朝に、市内各地でグレーダー3台が出動し、除雪業務を行った。


 「先日の札幌管区気象台発表の3か月予報によると、気温は平年並みか高くなる見通しで、降水量は平年並みとなっているが、私たちは日頃からどのような状況になっても、最善の対応ができるような心構えが必要」(山田本部長)と気を引き締めた。(写真提供:小樽市総務部広報公聴課)

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈