今冬一の冷え込み一転 小春日和に (2008/11/26)

1126-1.JPG 北海道付近が高気圧に覆われた影響で、26日(水)の市内は、前日25(火)の今冬一番の冷え込みから一転、暖かい快晴の小春日和となった。


 札幌管区気象台によると、この日の最低気温は-2.3℃・最高気温は5.4℃を記録。日中のほとんどは4~5℃で、市街地に暖かい陽射しが差し込んだ。


 この影響で、道路や歩道の雪は一気に解けだした。所々に雪解けによる水溜りができ、ジャンプをしたり、歩幅を広げて避ける歩行者の姿が目立った。道路の雪も解け、水しぶきを上げながら走る車もあった。建物などの日陰では、前日に凍りついた路面はそのままで、滑りやすく歩行困難な箇所も多かった。
1126-2.JPG


 小樽運河浅草橋街園に設置されている温度計は、昼頃は6から7℃で、小春日和を示していた。記念撮影スポットとなっている広場には、大きな水たまりができ、観光関係者は、木材で橋渡しするなど工夫をしていた。


 人力車の車夫は、「今日は本当に暖かい」、「陽射しが気持ち良い」と日向ぼっこしながら、観光客に笑顔で話しかけていた。


 同気象台は、27日(木)は「曇りで日中雨や雪が降る見込みです」としている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小林多喜二没後85年!命日に墓前祭

雪かき選手権2連覇!"えちごまさ雪"優勝

雪遊びに笑顔!手宮中央小PTA雪まつり

2018.02.14小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈