市の「公立病院改革プランの骨子」 長隆氏のコメント (2008/10/10)

 小樽市が、9月29日(月)に発表した「公立病院改革プランの骨子」について、総務省の公立病院改革ガイドラインをまとめた同懇談会座長の長隆氏(東日本税理士法人代表)から、本社に10月10日(金)、コメントが寄せられた。


 市の改革プランの骨子については、「内容は抽象的、スローガン的なもの」としているが、「公的病院として今後果たすべき役割」、「繰出し基準に関連して」、「収支計画について」の3点について、基本的な問題点が指摘されている。


 長氏のコメントは、今後の小樽市の病院改革プラン作成にとっても、参考になるもので、その全文を紹介する。



 関連記事1 関連記事2 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

1日限りの小樽しゃこ祭!大ぶり秋しゃこ堪能

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈