平成19年度決算を認定 市議会特別委 (2008/10/09)

 6日(月)から開会していた小樽市議会決算特別委員会の総括質疑が、9日(木)13:00から、市役所別館第2委員会室で行われた。付託されていた平成19年度各会計の決算議案16件を、賛成多数や全会一致で認定し、閉会した。


 決算特別委員会には、平成19年度の一般会計をはじめ、国民健康保険特別会計、病院事業会計など16議案が付託されていた。


 中でも、単年度赤字を計上した平成19年度一般会計は、山田勝麿市長の3期目のマニフェストに、「19年度から単年度収支を黒字に転換し、累積赤字を解消します」と掲げられていたことから、市議会議員の審議が注目されていた。


 しかし、9日(木)の採決では、共産党を除く、自民党・公明党・民主市民連合・平成会の賛成多数で、すんなりと認定された。このほかの議案も賛成多数や全会一致で認定され、決算特別委員会は閉会した。


 関連記事 

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈