夫の遺志継いで200万円市に寄附  (2008/10/28)

hokuryo.JPG 昨年10月に84歳で死去した小樽出身の米山清一さん(株式会社ホクリヨウ代表取締役会長)の一周忌追善供養として、妻の貞子さん(77)が、10月28日(火)、「小樽ファンが支えるふるさとまちづくり資金基金」に200万円を寄附した。


 米山貞子さんは、娘の恵子さんと夫である同社代表取締役社長・長内大介さんの3人で、市役所市長室を訪れ、山田勝麿市長に200万円の小切手を手渡した。


 ホクリヨウを創立した米山清一さんの遺志を継いで、「何か小樽のために」と、歴史的建造物と鉄道車両の修理保全に200万円寄附した。


 同社は、1949(昭和24)年に小樽市で創立。鶏卵、豚肉の生産・販売で知られ、道内各地に営業所・農場・工場を持つ。資本金2億9,975万円、売上高89億円(平成20年8月期)。2007(平成15)年まで本社を市内に構えていたが、現在は札幌。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


小樽金融資料館特別展開催

小樽に雪がやって来た!

1日限りの小樽しゃこ祭!大ぶり秋しゃこ堪能

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈