小樽テレビ"/> 入船テニスコートのメモリアル大会  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
入船テニスコートのメモリアル大会 小樽テレビ (2008/09/23)

tenniscoat3.JPG 市民の手と資金で生まれ変わった市営入船公園テニスコート(入船5)で、テニスの日の9月23日(火・祝)、記念式典とメモリアルテニス大会が開催された。


 同テニスコートを整備したのは、今年60周年を迎える小樽テニス協会(榎本正克会長)。2003(平成15)年と2004(平成16)年の2ヵ年で2面(約300万円)、今年2面(約240万円)の改修整備を行った。財政難の市に代わって、会費や協賛金、寄付金など、市民自ら資金を捻出した。


tenniscoat1.JPG 改修整備完成記念式典では、榎本会長から菊譲教育長に目録、菊教育長から榎本会長に篤志者表彰が手渡された。


 菊教育長は、「2面のコートを寄贈して頂き、小樽市の財政が大変な中、皆様の温かい心で素晴らしいコートになって熱くお礼申し上げる」と挨拶。


 榎本会長は、「あまりにもひどいコートなので、見るに耐えなかった。大会で地方から来るお客さんに良い環境でプレーしてもらいたかった。ただそういった思いで整備した。特に人のためにというわけではないが、表彰して頂けるということで喜んでいる。このコートのほかに、我々は、からまつ公園の8面を使用しているが、このコートの惨状は、入船よりひどい。高齢者がプレーするには危険。今年から使用回数を減らしているので、使われないコートは、人がいない家が廃屋になるのと同じ。これまで、市に何回もコート整備の陳情を出してきたが、10万円も出せないということを言われ、今回、我々の手で入船コートを整備した。からまつコートの整備は、ぜひ考えてもらいたい」と強く要望した。


tenniscoat2.JPG 式典後、会員50人は、新しいコート4面で、ダブルスの記念試合を開催。同コートには、会員たちがボールを打ち合う音や声援が響いていた。この日の早朝、強い雨が降ったが、新しいコートは水はけが良く、会員は、「整備されない土だったら、スポンジで水を吸い取って、乾くまで少し待たなければいけなかった。やっぱり全然違う」と喜び、試合に精を出していた。


 関連記事1 関連記事2 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈