日交タクシー営業停止 破産申し立てへ (2008/09/18)

nikko.JPG 景気の後退や原油高騰の煽りが市内のタクシー会社までに及び、小樽創業の中堅タクシー会社の小樽日交タクシー(若松1・長井荘一社長)が、資金繰りの悪化で営業停止に追い込まれた。


 小樽日交タクシーは、1958(昭和33)年創業の中堅タクシー会社で、営業車35台を所有し、約90人の従業員で営業していた。


 最近の急激な売上げの落ち込みで資金繰りが悪化し、今年3月期の決算で1,200万円の赤字を計上しており、これ以上の営業を継続出来ないと、12日(金)に従業員を自宅待機とした。


 今後は、弁護士による破産の手続きを行うことにしている。


 小樽日交タクシー 

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


簡単!楽しい! 小樽ドローン操縦体験会

商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈