市営テニスコート整備完成 メモリアル大会開催 9/23(火) (2008/09/10)

 財政難の小樽市(山田勝麿市長)に代わり自ら資金を捻出して、市営入船公園テニスコート(入船5)の整備を行った小樽テニス協会(榎本正克会長)は、9月23日(火・祝)、改修整備完成記念式典とメモリアルテニス大会を開催する。


 今年60周年を迎える同会(会員約200人)では、「これまで約20年間、コートを整備して欲しいと陳情を出したり、要望してきたが先延ばしにされ、今度は、財政難だと言って整備することが出来なくなった」(会員)。


 このため、2003(平成15)年と2004(平成16)年の2ヵ年で、約300万円で4面あるうち2面のコートを整備。1コート(150万円)は榎本会長が実費負担し、もう150万円は会費から賄った。今年は、会費増額や協賛金、寄付金、自己資金を集めて、残りの2面(約240万円)の整備も行った。


 この改修整備は8月末で完成した。同会は、9月23日(火)9:00から、完成記念式典とメモリアルテニス大会を開催する。記念式典では、金のない市が、「自己資金によって市の施設を整備した」と感謝状を贈呈。メモリアルテニス大会では、会員によるダブルスの試合をする。


 同会では、「これまで、40周年、50周年の節目の時には、全国から有名選手を招待し、講習会などの記念事業を行ってきたが、今年は、コートがどうしようもないから、整備することにした。8月末で整備が終わったので、記念に会員の紅白試合をすることにした」としている。現在、参加者を募っている。問合せ:0134-33-2834 木村健一理事長


 関連記事 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈