西陵中生の「読書ゆうびん」展覧会 (2008/08/14)

seiryobook1.jpg 「総合的な学習の時間」で読書活動を推進する小樽市立西陵中学校(富岡2・佐藤薫校長・186名)の1・2年生122人が制作した「読書ゆうびん」の展覧会が、8月13日(水)~22日(金)、市立小樽図書館(花園5)2階ギャラリーで開かれている。


 同校では、2003(平成15)年から読書指導を推進している。今年7月からは、3年生64人が作った本の紹介カード(ポップ)が、実際に小樽の書店で活用されている。


seiryobook2.jpg 今度は、1・2年生が、「自分が読んで面白かった本を友達にすすめる」ための小型のポスター(A4版)を制作。本のあらすじやポイント、イラストを書き込み、本への興味を高める。


seiryobook3.jpg 佐野太朗くん(1年)は、3年Z組銀八先生の本を、「これは坂田銀八という死んだ魚のような目をした先生が、Z組にまきおこる問題をZ組のみんなと解決していくストーリーです」 と紹介。登場するキャラクターや爆弾のイラストを描いたユニークな一枚となっている。


 このほかに、ホラーの本では、暗い色使いで紹介したり、恋愛ものでは、薄いピンク色で華やかに仕上げ、各生徒たちの工夫が凝らされている。


 これらの作品の一部は、8月6日~8日に開催された全国学校図書館研究大会・熊本大会で紹介され、全国各地の学校図書館関係者から「ユニークでレベルが高い」と好評を得たという。


 関連記事


     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈