小樽テレビ"/> 古い自動車の魅力を再確認 小樽クラシックカー博覧会  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
古い自動車の魅力を再確認 小樽クラシックカー博覧会 小樽テレビ (2008/08/10)

 ノスタルジック車の愛好家たちが集い、自慢の愛車を披露し、昭和の名車談義に花を咲かせる「第2回小樽クラシックカー博覧会」が、8月10日(日)9:30~17:00、市総合博物館(手宮1)で開催された。


 この博覧会には、1988(昭和63)年以前に製造された三輪以上のクラシックカー約80台がずらりと姿を揃えた。道内外の愛好家たちが集まり、名車の解説、エンジン始動のアピールなどを行った。


 1日限りのイベントとあって、「快晴で海水浴日和だから、来場者が少ないかもしれない」(市博物館)との不安をよそに、大勢の車ファンが駆けつけた。子供連れの家族も多く、「この車かっこいい。なんて名前」、「これは、日産スカイライン GT-Rだよ」 と会話する親子の姿も。


 博物館敷地の鉄道車両に沿って、「トヨタ スプリンタートレノ(昭和48年式)」や「日産 グロリア200Eワゴン(昭和55年式)」、「プリンス グロリア スーパー6(昭和39年式)」など、様々な魅力を醸しだす古い自動車たちがずらりと並んでいた。


 同館玄関前には、約1,000万円で、1L/4kmという燃費の真っ赤な「ランボルギーニ カウンタック 5000 クワトロバルボーレ(1985年式)」も展示されており、来場者たちの目を釘付けにしていた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


奥沢水源地ライトアップ!5周年記念花火

自慢の喉を披露!北海浜節全国大会

潮見ヶ岡秋季例大祭! 桜町中吹奏楽部出演

大型台風18号北海道縦断〜小樽

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈