鰊御殿移設50年記念 写真・屋号展始まる (2008/08/30)

nishin.jpg 市内祝津地区に眠る屋号や懐かしい写真の展覧会が、8月30日(土)から9月7日(日)までの9日間、小樽市鰊御殿(祝津3)で開かれている。


 この展覧会は、鰊御殿が祝津地区に移設されてから50年が経過したことを記念して開催。祝津地域の明治・大正・昭和に至る古い写真約40枚や、鰊漁時代に各家に付けられた屋印(屋号)のパネル約70枚が飾られている。


 写真は、漁港として栄えていた頃の写真や、北海道博覧会の海の会場として観光客で賑わっているものなど、どれも懐かしいものばかり。緑町在住の女性は、「同じ小樽なのに、水族館が下にあった頃に訪れたことはなかったし、知らなかった。すごく賑わっていたのね」とじっくり鑑賞していた。


 祝津地区に眠っていた屋号には、景気が良くなるようになどの意味や名前、家業、使用者などが明記されている。


 鰊御殿入館料(大人300円・高校生と70歳以上の市内在住者150円・中学生以下無料)が必要。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


第51回おたる潮まつり開幕〜花火大会1

第51回おたる潮まつり開幕〜ふれこみ

旧手宮線に多彩なガラス作品!夏の小樽がらす市

真っ赤に染まる小樽の空と海!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈