市役所夏のボーナス 総額9億9,000万円 (2008/06/13)

 小樽市役所(山田勝麿市長)は、6月13日(金)、全職員1,822名(市長・副市長含む)に対し、総額9億9,000万円の夏のボーナス(期末・勤勉手当)を支給した。


 今回のボーナスは、給料月額等を基礎にした基準額の1.65か月分(医師を除く)を支給した。2008(平成20)年度の一般財源の歳入不足によって、0.9か月分カットと役職加算(5~20%)の凍結を行なったことで、昨年度支給の13億8,000万円から9億9,000万円に、約4億円減少した。


 市長は113万5,365円(昨年度185万7,870円)、副市長107万1,576円(167万6,505円)、一般職1,208名平均54万2,496円(72万3,964円)となった。また、職員同様の削減を行った市議会では、議長83万7,045円(127万8,396円)、副議長75万5,535円(115万3,908円)、議員69万1,267円(79万9,936円)支給された。


 小樽市では、ここ数年にわたり、一般会計で赤字決算を繰り返している。2004(平成16)年度決算11億7,977万円、2005(平成17)年度決算14億0,332万円、2006(平成18)年度決算11億8,401万円、2007(平成19)年度決算(見込み)13億7,900万円となっている。 関連記事 


 財政破綻している小樽市の赤字会計は、早期健全化団体の連結実質赤字比率の基準値16.7%を1%(3億1,000万円)上回っている。この不足額3億1,000万円が必要なのに、削減したとはいえ、約10億円の多額ボーナス支給は、市民にとっては納得のいかないものとなっている。


 関連記事1 関連記事2

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈