市内で麻疹とインフルエンザ流行 (2008/05/16)

 小樽市内で麻疹(はしか)が流行している中、小樽市保健所(富岡1・外岡立人所長)は、5月16日(金)、A型インフルエンザの流行の兆しが現れたと発表した。


 今週に入り、市内の1中学校で8人、大学生で9人、一般成人で4人のA型インフルエンザ患者が発生。「麻疹が中高生から成人で発生している最中で、今後、このA型インフルエンザの流行に十分な注意が喚起されます」 と呼び掛けている。


 小樽市内でA型インフルエンザの流行の兆しが現れました

inful.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


しゃこ汁・茹でしゃこに行列!小樽しゃこ祭

看護の道へ戴帽式!小樽市立高等看護学院

「小樽写真散歩」《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

アンアンホース号冬眠へ! 最終便に142名

文化の日 小樽市文化祭伝統フェスティバル!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈