白水会・彩の会合同水彩画展 (2008/04/16)

godoten1.jpg 1年間の様々な想いを描いた水彩画を飾る「第21回 白水会・彩の会合同水彩画展」が、4月16日(水)から20日(日)まで、市立小樽美術館(色内1)の3階市民ギャラリーで開かれている。


 この展覧会は、白江正夫講師による春の「白水会」と秋の「彩の会」の合同展。両会は、市の水彩画の成人学校として始まり、今年で第22回目を迎えた。


 両会併せて26人の78点の作品が出品されている。会員一人一人の個性が、大中小のキャンパスに様々に表現され、来館者たちの目を楽しませている。


godoten2.jpg 画用紙に描いた花をハサミで切り取り、ぼかし色紙に貼って立体感を強調するコラージュ作品。糸やレース生地を使って躍動感ある自然風景を描いたものなど、特徴ある作品がずらりと並ぶ。


 白水会の宮前千鶴子さんは、「1年間で感じた自分たちの想いをキャンパスに表現したり、旅行先の思い出を描いたり、コラージュ作品を作ったり、会員それぞのれ個性豊かな作品が並んでいるので、ぜひ、多くの人に足を運んでもらいたい」 と話していた。


 「第21回 白水会・彩の会合同水彩画展」は、4月16日(水)から20日(日)まで、入場無料。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


辞職を否定!市長定例記者会見

テロの脅威に対応!港の保安対策総合訓練

おたる水族館 秋の恒例アザラシの引越し

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈