看護師目指して 小樽看護専門学校第44回入学式 (2008/04/04)

kango1.jpg 小樽看護専門学校(入船4・千葉峻三校長)は、4日(金)18:00からヒルトン小樽で、第44回入学式を挙行した。


 同校は、今年で開校43周年。准看護師を対象として看護師養成を行う2年課程(夜間定時制3年制)の学校。今年は、47名(女39・男8)の新入生が入学し、新たに看護師への道を歩み始めた。


kango2.jpg 約100名の在校生と父母らが見守る中、新入生が、学校長や理事長、来賓の祝辞に熱心に耳を傾けた。千葉学校長は、「あなた方は、共育の森学園として迎える最初の入学生です。現在は、深刻な医師・看護師不足に直面しています。看護師は、患者にとって身近な存在です。技術の習得はもとより、患者の心のケアが出来る豊かな心を養ってもらいたいと思っている。kango3.jpgこれから、昼は看護師として働き、夜は学生として勉強して大変だろうが頑張ってください」 とエールを送った。


 新入生代表の市橋明子さんは、「本校の精神に遵い、人間形成に励むとともに、良き看護師となるよう、3年間、精励努力し、学生としての本分を全うすることを誓います」 と宣誓した。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈