栄えた小樽堺町にスポット!小樽写真研究会「堂堂展」 (2007/09/19)

dodo1.jpg 小樽市堺町周辺の30年間を収めた写真が並ぶ、小樽写真研究会の「堂堂展」が、9月18日(火)から、小樽都通りのギャラリー白方(稲穂2)で開かれている。


 小樽写真研究会(浅賀正生代表)は、素人からプロカメラマンまでの13名が参加している。1989(平成元)年に結成し、奥沢・手宮・高島など各地域にある残したい建物や風景、無くなってしまった建物などにスポット当てて写真展を開催している。


 今年の企画は、“DEEP堺町”と題し、堺町・相生町・東雲町・山田町など、水天宮を中心に“小樽で最初に栄えた頃の面影を残す町”にスポットを当てた。今年は会員9名の350点が飾られている。dodo2.jpg


 昔の小樽の風景などにプリキのおもちゃを溶け込ますように撮影した作品や、光と影による風景写真など、写真家による様々な視点から、繁栄の町から斜陽の町へと移り変わった小樽堺町の様子が映し出されている。


 堺町地区も変わり過ぎたが、残しておきたい建物や風景がある。しかし、古いものばかりではなく、新しくなったところを取り上げる会員もいる」(浅賀代表)と話していた。


 「堂堂展」は、23日(日)10:00〜19:00まで。入場無料。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈