市の財政難で公立保育所も民間移譲へ! (2007/08/24)

hoiku.jpg 小樽市の財政難の影響が、公立保育所の新築にまで及び始めた。


 市内に公立保育所は、7ヶ所あるが、すでに30年以上経過している保育所が6ヶ所もある。特に、40年も経過している真栄保育所(若松2)は、老朽が著しく早急な改築が必要となっている。


 しかし、小樽市は、財政難で、公立保育所の施設整備は、国の交付金対象外で、市での改築は困難としている。民間保育所の施設整備は、国の交付金対象となる。このため、市は、公立保育所を民間に移譲し、勝納町の小樽測候所跡地の市所有地(2,780平米)に新築することを、8月24日(金)13:00から開かれた市議会厚生常任委員会で発表した。


 現在、同保育所には、0歳から5歳までの73人の児童が通っている。職員は、臨時や嘱託合わせて17人で、0歳保育と障害児保育の2事業を行っている。市は、民営となっても、「この2事業は継続し、他事業もプラスしてもらうようにしたい」という。


 市では、今後、民間事業者を公募し、選定委員会で民間事業者を選定することにしている。2008(平成20)年4月から民間に移譲し、2009(平成21)年4月以降に、民間施設の新保育所として、保育業務を開始したいとしている。


 24日(金)13:00から市役所別館第2委員会室で開かれた厚生常任委員会では、「保護者への説明をしっかりしてもらいたい」、「民間の事業者が手を挙げるのか不安だ」、「他の保育所も建設後40年近く経っているものもあるが、これらの保育所も民間移譲するのか」などの、質問などが上がっていた。


 市は、「今後、保護者説明会を開催し、納得してもらう。選定委員会を立ち上げ、民間移譲のための条例改正を予定している」と答弁した。



     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈