小樽市の借金は1,220億円!06年度末市債残高! (2007/08/28)

 2006(平成18)年度の小樽市の市債による借金の総額が、1,220億円であることが分かった。


 小樽市が行った、平成18年度末市債残高調べによると、小樽市の市債残高は、一般会計・特別会計・企業会計合わせて1,220億7,243万円も残っている。


 一般会計で609億円、特別会計で107億円、病院会計で9億円、水道会計で204億円、下水道で291億円の合計1,220億7,243万円もある。


 市債残高は、1999(平成11)年度の1,424億円がピークで、以後、徐々に減ってはいるが、それでも、2006(平成18)年度末現在、依然として1,220億円もの巨額借金が残っている。これは、2007(平成19)年度当初予算では、1,166億円になる予定としている。


 1,220億円の巨額借金を抱えながら、一般会計の3年連続の累積赤字約12億円、病院会計約45億円、国保会計約17億円などの各会計の累積赤字が重なって、市の財政状態は、すでに破綻状況にあることが、これらの数字から明らかになっている。


 この巨額借金や累積赤字額は、ずっしりと重く市民の肩にかかっている。



     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


大型台風18号北海道縦断〜小樽

書道パフォーマンス!アートストリート

秋のイベント盛り沢山! おたる水族館

クルーズ船の税関検査公開!小樽税関支署

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈