小樽市長“オタモイ地蔵”にお手上げ!財政難でバンザイ! (2007/07/24)

oteage.jpg 小樽海岸国定公園に指定されている景勝地「オタモイ海岸」の遊歩道の一部(幅約15m・高さ約20m)が昨年4月に崩落してから、同遊歩道は、市により通行止めとされ、今年7月には、財政難から再整備しないまま“閉鎖”されることが明らかになった。


 通行止めとなっている、かつてのオタモイ遊園地跡の断崖絶壁の遊歩道の突き当たりには、約3,000体を祀る「オタモイ地蔵尊」と、それを長年守り続ける村上洋一さん(57)が居住している。


 村上さんは、「整備しないなら、来年の春からでも、この場所が見下ろせるような場所に移りたい。これまで、お参りに来る人は、海を見下ろしながら気持ちを静めていたので、人のいない静かな場所に移動したい」と語っていた。


 市の観光振興室の担当者は、7月13日(金)に村上さんを訪ね、地質調査の結果を伝えるとともに、「オタモイ遊歩道を完全に再整備出来ないので、100%安全性がとれない。出来れば移ってほしい。要望があれば出してもらいたい」と説明していた。


 この問題に対し、山田勝麿小樽市長は、24日(火)に開かれた市長定例記者会見で、「崖崩れを整備すると莫大な金がかかるので、現在は、お手上げ状態だ。住民の村上さんには、塩谷の自宅に戻りなさいと言ってるが、断固として地蔵尊を守りたいと言っているので、困っている。しばらくは様子見」と、“バンザイお手上げ”状態だ。


 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈