小樽テレビ"/> 琴と尺八に触れて!「伝統文化 子供こと・たけ教室」  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
琴と尺八に触れて!「伝統文化 子供こと・たけ教室」 小樽テレビ (2007/07/21)

koto.jpg 週末の21日(土)、小樽市公会堂(花園5)から、初々しい琴と尺八の和の音色が流れ出した。これは、小樽三曲協会(川村竹風会長)が、子供たちが琴と尺八に触れて伝統文化を学ぶために開いている「子供こと・たけ教室」(明正雅紫盈理事)。


 同協会が、「小中学校に和楽器を導入し、少しでも和楽器に触れてもらい」と、5年前から行っている教室。2年前に文化庁から委嘱を受け、現在は約20人の子供たちが、琴や尺八の伝統楽器の特訓に励んでいる。


 今年は、7月から10月まで10回の練習と2回の演奏会を行うことになっている。練習初日の21日(土)は、初参加の子供10人を含め約25人が集まり、中級者と初心者とに分かれて、「さくらさくら」などの練習がスタートした。


koto1.jpg 琴に触れる前に、参加者全員が手をつないで輪になり、「たこたこあがれ」などの歌の練習を行った。リズムをつかんでから琴に触れた子供たちは、上達も早く、1フレーズずつすぐに覚えていった。


 朝里小の小林愛咲美ちゃん(5年)は、「琴は初めてだけれど、たこたこあがれはすぐに出来たので楽しい」。妹の愛夢菜ちゃん(1年)は、「たこたこあがれは簡単だったけれど、これから難しくなりそう」と、大きな琴で一生懸命練習に励んでいた。


 同教室では、10月28日(日)にマリンホール、11月10日(日)に運河プラザで発表会を予定している。明正会長は、子供たちに「今日から一生懸命練習して頑張りましょう」と声をかけ、指導に力を入れていた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


絵本"どこいくの?"完成!図書館でお披露目会

5ヶ月ぶりの勇姿 アイアンホース号運行始まる

GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈