小樽のタクシー運賃530円に逆戻り!7社が値上げ申請! (2007/05/10)

 小樽市内の法人タクシー7社が、4月に、現行初乗り運賃470円を530円に戻す申請を、北海道運輸局にしていることが明らかになった。


 市内には、法人タクシー会社が10社ある。こだま交通と系列のぜにばこ交通の2社を除く8社は、2002年9月に、初乗り運賃(1.4Km)530円を60円引き下げて470円で運行している。加算料金も314m80円を354m80円にしている。また、小樽北交ハイヤー・ミドリ小型ハイヤー・北海道中央タクシー・金星小樽ハイヤーの4社は、遠距離運賃割引で、5,000円を超える部分の運賃を半額としている。


 経済不況の中で、各社は運賃値下げで客足の回復を図ろうとしていた。しかし、最近の原油価格の高騰で、燃料をはじめタイヤなどのコストが上がり、繁忙期の7、8月と12月も平常月と変わらない運行で、さらに今冬は雪も少なく、タクシー利用者は減少していた。このため、背に腹は変えられず、5年前の530円運賃に逆戻り値上げをすることになった。

 
現行
申請後
小樽つばめ交通
470円
530円
小樽日交タクシー
470円
530円
小樽北交ハイヤー
470円
530円
共同交通
470円
530円
金星小樽ハイヤー
470円
530円
北海道中央タクシー
470円
530円
ミドリ小型ハイヤー
470円
530円
トンボハイヤー
470円
470円
こだま交通
530円
530円
ぜにばこ交通
530円
530円
個人タクシー
480円
480円

 値下げした8社のうち7社(小樽つばめ交通・小樽日交タクシー・小樽北交ハイヤー・共同交通・金星小樽ハイヤー・北海道中央タクシー・ミドリ小型ハイヤー)が、470円を530円に、加算料金も354mから314mに戻す申請を行った。合わせて、遠距離運賃割引を5,000円超えで5割引きとしていた4社は、これを3割引きにする申請をした。


 値上げ申請をしていないトンボハイヤー(色内3)は、「申請して530円にすることはない」と、現行運賃の470円を維持していく方針だ。小樽個人タクシー協同組合は、「組合としては、今のところ様子を見ることにしている。個人タクシーなので、価格の設定は組合がどうのこうの言えないが、少しでも長く現状のままで頑張りたい」(中村雅則副理事)としている。


 小樽ハイヤー協同組合会長の谷口美津江・ミドリ小型ハイヤー取締役社長は、「運賃値上げについて懸念したが、我々も必死でやっている。石油高騰でコストが高くなり、企業の経営に響いている。お年寄りなどタクシーを必要とする皆さんには、本当に申し訳ない」と話していた。


 道運輸局によると、認可はいつになるか未定としているが、市内タクシー会社では、3ヶ月ほどで認可されるのではないかと見ている。


 ◎関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4 関連記事5

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


第11回銀マロジョイントコンサート

小樽でちびっこフェスティバル!

2018年の年賀葉書到着!小樽郵便局に163万枚

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈