国道下の“美術館”!地下歩道に眠る小樽の“夏”と“冬”! (2007/02/01)
“夏”
 
“冬”      

 交通量の多い小樽市内国道5号線の地下をくぐる歩道に、ひっそりと2つの大きな壁画が眠っている。


 この国道下の地下歩道には、小樽運河の“夏”と“冬”を描いた大きな壁画が造られている。まさに、国道下の“美術館”に相応しい。


 “夏”の壁画は、小樽運河に上がった潮まつりの花火大会を描いている。夜空に上がった大輪の花火が、運河の水面に映り、運河には、はしけ船が何艘もつなげられている図柄となっている。


 “冬”の壁画は、小樽運河の倉庫群が雪を被り、運河の水面には、ハス葉氷と漁船が浮かぶ構図となっている。時期的には、まさに今の季節を描いている。


 2つの壁画は、一見、山下清画伯を思わせる雰囲気がある。地下歩道のカーブ面を巧みに使った構図は、一見の価値がある。地下歩道の上には、現在では、横断歩道も設けられており、この歩道を通る人は少なく、静かな“美術館”の雰囲気を醸し出している。


 この地下歩道は、市役所下の国道5号線に設けられ、1977(昭和52)年に完成した。当時は、5号線の交通量の多さから、歩行者の利便性を考え造ったもので、防犯上のことを考え、殺風景にならないようにと壁画を造ったという。


 小樽開発建設部小樽道路事務所では、「30年前のことで、建設期間や建設費などは今の段階では分からない。作者がどなただったのか知りたい」と話している。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈