木版画作品展開く!市立小樽美術館 (2006/12/13)

penginC1.jpg 市立小樽美術館(色内1)3階市民ギャラリーで、12月13日(水)から、第10回ペンギンクラブ木版画作品展が開かれている。


 同クラブは、生涯学習プラザ「レピオ」の版画教室に通っていた約30名によって、1996(平成8)年に発足。以来、毎年1回作品展を開いている。


penginC2.jpg 今年で10回目となった作品展には、平磯公園や住之江教会、小樽運河などをモチーフにした作品35点が並んだ。彫ったところに墨を入れて刷る版画と逆の作業を行う“陽画”という技法のため、同クラブの人たちは、「実際に刷ってみないと、どんな作品が出来上がるのか分からない面白みがある」という。


 番雄一郎代表(67)は、「みんなそれぞれが、色々な思いで作品を作り、特徴が現れているので、ぜひたくさんの人に見てもらいたい」と話していた。


 ペンギンクラブ木版画作品展は、12月13日(水)から17日(日)まで。入場無料

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈