小樽水産「若竹丸」乗船実習ネットで公開! (2006/11/27)

 ホノルル港を出て、小樽へ向かって帰航途中の水産高校の「若竹丸」(666トン)から、乗船実習の様子がメールで寄せられ、同校のホームページで公開されている。


suisan1.jpg 小樽水産高校の大型漁業実習船「若竹丸」(村田雄一船長・乗組員27人)は、10月26日(木)に小樽港第2号ふ頭を出港した。同校の海洋漁業科漁業コース第2学年14人と専攻科漁業科第1学年5人の計19人の生徒が乗船実習のため乗り込んでいる。


 10月26日(木)に小樽港第2号ふ頭を出港。「小樽港出港後は波高く、生徒は経験したことのない揺れと戦いながら函館港に入港しました」、「函館出港後は船長による船酔い対策が驚異的な効果を発揮し、その後船酔いに苦しむ生徒は誰一人いませんでした」とメールされている。


 マーシャル諸島東海域でマグロ延縄実習を実施しながらハワイホノルルを目指し、マグロやカジキ、サメなどに感動しながら実習に取り組んだ。「こっちは天気も最高で活きの良いマグロが捕れています」、「マグロの心臓を触らせてもらった」、「最初は辛かったけど、今は楽しいよ~!!」


suisan2.jpg 11月21日(火)にホノルル港に入港し、市内見学や現地高校生との交流を行った。「ハワイは楽しかったぞ。また来たいです。俺は元気です」、「ハワイというところは本当にすごい!」と、生徒の一言感想もアップされている。11月24日(金)にホノルルを出港し、現在小樽へ帰航中だ。小樽港への入港は12月11日(月)の予定。


 インターネット時代のメールのやりとりで、乗船中の様子がWEBや携帯電話版、テレホンサービスでも案内されている。全国の水産高校を繋ぐネットワーク「水高ねっと」のHPでは、ローディングに時間はかかるが、現在の「若竹丸」の航行している位置までもが一目で分かる。


 同校では、「メールが届いて、生徒たちの様子が分かり安心している。ホノルルでの滞在で、現地高校生との交流もちゃんと出来たので良かった」と、生徒たちが無事帰港する日を待っている。(写真提供:小樽水産高校)


 2年海洋漁業科乗船実習


 水高ねっと!


 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


戦火に散った347名 緑丘戦没者慰霊祭

盆の夜空に追悼花火!高島漁港花火大会

たるわランド2017夏 商大・小樽笑店

科学の祭典! 実験や工作ブースを楽しむ会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈