小樽テレビ"/> 美術館に流れる指笛の音色!視覚障害者と盲導犬の演奏!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
美術館に流れる指笛の音色!視覚障害者と盲導犬の演奏! 小樽テレビ (2006/11/03)

yubifue1.jpg 11月3日(金)文化の日、絵画に囲まれた静かな市立小樽美術館(色内1・佐藤敬爾館長)の会場から、視覚障害者と盲導犬とのアンサンブルで、柔らかな指笛の音色が流れ出た。


 この指笛演奏は、美術館ギャラリーコンサート~指笛へのいざない~で、市内在住の視覚障害者・山田修さん(60)と盲導犬のナナ号による心癒される催し。


yubifue2.jpg ピンクの服を着たメス6歳の盲導犬ナナ号に先導された山田さんが、約50人の聴衆の前へゆっくりと歩みを進めた。早速、指を口に合わせ、絵画に囲まれる会場に柔らかで情感豊かな音色を響かせた。この間、ナナ号は主人の足元でじっくりと主人の指笛に聞き入っていた。


 夢路より・赤とんぼ・枯葉 ・北の国からなど馴染みのある曲が次々に演奏され、会場からは、大きな拍手が送られていた。演奏の合間には、山田さんの人生経験や美術、音楽に対する熱い思い入れなどが語られた。


 梅ヶ枝町の薬師寺智恵子さん(71)は、「フルートみたいに綺麗な音色ですね。とてもびっくりしました。絵画に囲まれて、このような演奏を聞けて嬉しいです。本当に素晴らしい」と、目を閉じて指笛の音色にじっと耳を傾けていた。


 関連記事

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈