小樽テレビ"/> 小樽公園こどもの国の最終日!無料開放で盛況に!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
小樽公園こどもの国の最終日!無料開放で盛況に! 小樽テレビ (2006/10/09)

 小樽公園(花園5)にあるこどもの国が、10月9日(月・祝)をもって一時閉園するため、ムーンロケットやゴーカートなど、長年親しまれてきた遊戯施設の無料開放が9:00から行われた。


 低気圧の通過で快晴となった9日(月)は、こどもの国の最終日。強い風が吹き抜けていたが、無料開放とあって、家族連れなどが一斉に訪れた。子供たちは、お父さんやお母さんの手を引き、目当ての遊戯施設に向かった。親たちも幼い頃に慣れ親しんだ遊戯施設で、子供と一緒になって、歓声をあげ楽しむ姿があちこちで見られた。


 無料開放となった施設は、ムーンロケットやゴーカート、ファファ親子パンダ、コーヒーカップ、観覧車、ママゴトの家などの6施設。各施設には、この日だけは利用待ちの行列が出来ていた。利用する子供たちの歓声が小樽公園内にも響き渡り、最後のこどもの国は盛況で終わることになった。


 高島の須貝昌平くん(6)と井上龍一くん(8)・結花ちゃん(11)は、「今日は本当に楽しかった。まだ1回ずつしか乗ってないから、もっと乗りたいです。いつも遊びに来ているから、なくなるのは寂しい。もっといっぱい遊びたかった」と、ゴーカートや観覧車などの遊戯施設を次々に楽しんでいた。


 須貝一枝さん(42)と井上寿代さん(42)は、「遊戯施設が工事によって、近くの公園と同じようなものになってしまうのは、寂しい気がします。小樽の中心部のこの公園に子供を連れて来て、喜んで遊ぶ姿が見られなくなるのは、とても残念です」と閉園を惜しんでいた。


 10月9日を最後に、日本一小さい観覧車や森の中を走るゴーカートなど人気のあった施設も、小樽市の財政危機のあおりを受け、永久に姿を消すことになった。


 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


潮まつり総練習を一般公開 若潮隊86名!

ダニーデン市から使節団!小樽市を表敬訪問

ちびっこ消防士 放水やはしご車を体験!

海の安全を守る!海保総合訓練に約900人

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈