小樽市役所も飲酒運転に厳しく対応! (2006/10/03)

 飲酒運転による悲惨な交通事故が全国で後を絶たないが、小樽市役所では、国の指針に従い、市職員に対し「飲酒運転行為に係る懲戒処分の指針」を10月3日(火)に策定し、10月10日(火)から施行することになった。


 市職員は、酒気を帯びて車両を運転し、又は酒気を帯びて車両を運転することを知って飲酒をすすめ、若しくは当該車両に同乗することを「飲酒運転行為」とし、飲酒運転での交通事故(人身を伴うもの)と飲酒運転(人身事故を伴わないもの)とに分け、免職・停職・減給のそれぞれ懲戒処分の基準について決められている。


 これにより、市職員は、酒酔い運転での交通事故で、死亡又は重篤障害は免職、傷害は免職・停職、措置義務違反は免職となるなど、国の基準に準じた厳しい扱いとなる。


 小樽市の指針は、基本的には、国の懲戒処分の指針に準じた内容となっているが、さらに、運転することを知っていながらその車に同乗した場合も、懲戒処分の対象となることになった。


drink.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈