ポリープ切除の山田小樽市長、退院後の公務復帰! (2006/09/30)

mayor1.jpg 市立小樽病院に入院し大腸ポリープ切除手術を受けていた山田勝麿小樽市長(67)が、9月30日(土)に公務復帰し、公の場で元気な姿を見せた。


 山田市長は、小樽市議会9月議会(第3回定例会)前に検査を受け、大腸ポリープが見つかっていた。ポリープは良性のため、市議会を務め、同定例会後の27日(水)に入院手術し、29日(金)までの3日間で退院した。


mayor2.jpg 30日(土)に公務復帰し、「小樽港クルーズ振興意見交換会」などに参加した。市長は「たまたま検査で大腸ポリープが見つかってしまって、第3回定例会後に切除することにしたんです。皆さんにご迷惑をお掛けしました」と笑顔で話していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈