野菜が値下がり!生活必需品価格調査7月分! (2006/07/12)

 小樽市市民部生活安全課が行っている生活必需品の価格調査7月分の結果が12日(月)にまとまった。トマトや大根などの野菜類の価格が下降しているものの、石油製品は前年と比べて高騰が続いている。


 この調査は、小樽消費者協会に委託して、7月5日(月)に食料品店15店・燃料店44店の延べ59店舗で行われ、食料品や燃料などの生活関連物資24品目の価格がまとめられている。


 調査の結果、トマト・大根・キャベツ・きゅうりが、対前月比で14.9~17.1%下降している。天候不順の影響で、道内産が平年に比べ少し遅れ気味ではあるものの、入荷量は増加しているため、価格が下降したという。


 昨年と比べ大幅に価格上昇している石油製品では、灯油は現金買い1L当たり79.2円(対前月比0.1%上昇)。ガソリンは現金買い1L当たり134.2円(対前月比0.7%・セルフ除く)となっている。


07.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈