日本画・水墨画・押し花!小樽美術館市民ギャラリー! (2006/06/21)

igarashi1.jpg 市立小樽美術館(色内1)3F市民ギャラリーで、6月21日(水)から25日(日)まで「第28回小樽日本画協会展」と「押し花展」が開かれている。


 「第28回小樽日本画協会展」は、小樽出身の画家・本間聖丈氏が発足させた日本画と水墨画の会(五十嵐清雲代表・82)の会員による展示会。現在は小樽市内の15名が会員となり、1年間描き溜めた白と黒の濃淡だけで描く山や海、花を描いた作品など約60点を飾る。


 山の雪景色の日本画を描いた五十嵐代表は、「モデルを使わなくなってからは、自由気ままに山ばかり描いている。心の癒しとして描き続けきて、自分が倒れるまでやりますよ」と作品を見ていた。


igarashi.jpg 「押し花展」は、五十嵐代表の妻・ふみさん(76)が、約10年続けている押し花の最初で最後の個展。仕事を終えてから何か始めようと考えている時に、押し花の展覧会を見て「これなら私にも出来るかもしれない」と教室に通い始めたという。


 1種類の花で表現する古流と何種類もの花で表現する現代の技法で、コスモスやナナカマド、「秘密の花園」などの約40点を飾る。「押し花でも色々なことが出来るところを見てもらいたい」と話していた。


 82歳と76歳の五十嵐夫妻による同一会場での初めての展示会は、6月21日(水)から25日(日)までの10:00~17:00。入場無料。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈