小樽明峰高「峰の会」が花壇づくり! (2006/06/10)

meiho3.jpg 小樽明峰高等学校(最上1)の卒業生父母と教師の「峰の会」(渡邊幸一会長)は、6月10日(土)11:00から、学校周辺の「花壇(花植え)づくり」を実施した。約20名の会員が集まり、市道街路樹の根元に丁寧に約200個の苗を植えていった。


 「峰の会」は、1998(平成10)年に設立され、学校行事や父母懇談会、署名活動などの支援や協力などを行っている。4月8日には、新入生を気持ち良く迎え入れるために、同校通学路の清掃活動を行った。


 10日(土)の「花壇(花植え)づくり」は、同会が「学校祭を前に、草が生い茂る通学路に花を植え、少し安らいでもらおう」と実施。サルビアやロベリア、マリーゴールドなどの約200個の苗を、学校前の道路の9ヵ所に植えた。


meiho4.jpg 参加した最上町の磯部千津子(57)さんは、「明峰高にはお世話になったので、時間がある時は会の活動に参加しています。今日は、学校の周りにお花を植えるというので、手伝いに参加しました。きっときれいになりますよ」と黄色や赤、紫の花を植えていった。


 渡邊会長は、「花壇づくりで学生にはもちろん、地域の人にも喜んでもらえるでしょう。少しでも安らいでもらえたらと思っています」と話していた。


 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈