市立小樽美術館で水墨画展と写真展! (2006/05/24)

suiboku.jpg 市立小樽美術館(色内1)の市民ギャラリーでは、5月24日(水)から、水墨画と日本画の「第7回紫暦社展」と、1974年までのクラシックカメラで撮影した写真を展示する「第7回小樽クラシックカメラクラブ写真展」が開かれている。


 「第7回紫暦社展」は、紫暦社教室(富岡1・土岐紫冬講師)に通う60代の7人が、1年間で習った技術で描いた水墨画や日本画などの作品を約50点展示している。牡丹やコスモス、兎などの水墨画を展示する浅田路子(65)さんは、「水墨画で年賀状が描けたらなと思って始めたんですが、それが一番難しいんですよ。でもいつの間にかハマってしまって、教室に通い始めてから3年になります」と笑って話していた。


camera.jpg 「第7回小樽クラシックカメラクラブ写真展」は、クラシックカメラ愛好者たちが1999年に始め、「デジタルカメラを使わずに懐かしいカメラを使おう」と、1年に1回クラブ会員5名が集まり、自分の作品を見せ合う場としている。同展には、ニセコ町を走るSLや自宅での記念撮影などの29作品が並ぶ。同クラブ・熊川進代表は、「自分たちが気に入ったものを撮影して見せ合って楽しむんですよ。審査もないし、競うこともない」と、会員同士の作品をじっくり鑑賞していた。


 開催中の2つの展覧会は、28日(日)10:00~17:00(最終日は16:00)まで。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


真っ赤に染まる小樽の空と海!

潮まつり総練習を一般公開 若潮隊86名!

ダニーデン市から使節団!小樽市を表敬訪問

ちびっこ消防士 放水やはしご車を体験!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈