小樽グランプリ開催PR!米ロングビーチでメディア懇談会! (2006/04/15)

ogp1.jpg 歴史的建造物が並ぶ小樽で、公道レースの実現を目指す小樽グランプリ推進協議会(山田勝麿会長)の事務局は、小樽市長の信書を持って、4月6日(木)から11日(火)まで、アメリカ・ロングビーチを訪問した。現地時間の4月8日(土)に、メディア懇談会が開かれ、小樽グランプリ実現に向けて、小樽のPR活動を行った。


 同協議会は、2004年3月27日に設立され、シンポジウム開催など様々な活動をしている。ホームページ上では、これまでの流れやプロジェクトポリシーなどを詳しく掲載。


 8日(土)アメリカ・ロングビーチで開かれたメディア懇談会には、地元や日本のマスコミ約40名が集まった。2007・2008年に向けて、ブラジルや韓国、中国もレースの開催地として名を上げているため、小樽の観光ポスターと英語版の観光パンフレットで、各メディアに小樽を大々的にPRした。この懇談会の様子は、アメリカのメディアにも大きく取り上げられたという。


ogp2.jpg 同会は、市長の「日本における開催の第一候補として、ぜひ、小樽を選定して頂くことを要望いたします」という信書を届け、「チャンプ・カー・ワールドシリーズ」のスティーブ・ジョンソン社長やコースデザイナーなどと、開催に向け、運営方法などを話し、「返事は来週中には届くだろう」としている。


 これから、警察への申請、地域住民や道路管理者の同意などの課題があるものの、2007年の開催を目指し、さらに活動を強めることにしている。荒澤之博事務局長は、「北海道全体を元気にするために行っている。やる以上 は、色々な人を巻き込んでやりたい」と意欲を燃やしている。(写真提供: 小樽グランプリ推進協議会 )


 小樽グランプリ推進協議会HP


 関連記事1

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


着実に進む雪解け 春の滝出現!

心に響くパフォーマンス!小樽太鼓フェス

第8回歩くスキーと雪あそびの集い

ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈