余暇に絵画を!第53回小樽チャーチル会展2006! (2006/04/05)

chirchil.jpg 小樽市立美術館(色内1)で、水彩や油彩画が並ぶ「第53回小樽チャーチル会展2006」が、4月5日(水)から9日(日)まで開かれている。


 小樽チャーチル会は、仕事の他に、余暇を大事にして絵を描いていた、イギリス戦時内閣(1940~1945)のウィンストン・チャーチル首相に倣って作られたという。1年に1回開かれる展覧会で、50から80代までの会員がそれぞれの作品を発表し、励まし合うことを目的としている。


 第53回の展覧会では、会員20名と講師1名の作品約70点が飾られている。「雪が積もった運河に魅せられて」と題された「雪の運河」や、昨年亡くなった会員の中澤嘉男さんの遺作3点などの水彩や油彩画が並ぶ。


 「雪の運河」を描いた岩崎正さんは、「絵を描くことが生活の糧になっているんだ」、会員の向川昭吉(78)さんは、「毎年楽しみ。若い方から年配の方まで人生を楽しむ手段としている」と、飾られた作品について互いに品評していた。


 「第53回小樽チャーチル会展2006」は、4月5日(水)から9日(日)10:00~17:00(最終日~16:00)。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈