小樽テレビ"/> 博物館ゼミ「小樽学」開講!「廣井勇と小樽港北防波堤」!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
博物館ゼミ「小樽学」開講!「廣井勇と小樽港北防波堤」! 小樽テレビ (2006/03/05)

hiroi.jpg 毎年恒例となっている「博物館ゼミナール 小樽学」が、3月5日(日)10:30から、小樽市生涯学習プラザ「レピオ」(富岡1)を会場に開講した。第1回目は「廣井勇と小樽港北防波堤」で、ゼミ開講以来最大の約70名の受講者が集まった。


 5日(日)は、社団法人北海道開発技術センターの原口征人主任研究員が講師となり、北防波堤の設計者、廣井勇の日本土木史の中での評価を語る「廣井勇と小樽港北防波堤」。


 講座の中で、「廣井先生」と常に称え、「最初の工事の費用では、小樽港内の被覆面積が少なかったが、築港予算を増やし、現在の北防波堤の形になった。このことは、小樽の発展に結ぶ、良い判断だったと思う」と力説し、「真摯」という言葉が何回も述べられた。


hiroi1.jpg 「海水の中でコンクリートが脆くなってしまうことを危惧していた。作ったら作りっぱなしではなく、未来への機能を調べ、非常に真摯だったということは全国でも有名な話。小樽運河の建設の際でも、廣井さんは、絶対に運河と決めつけるのではなく、条件によって、埋立、桟橋、ふ頭などと、市民の声から様々な利用方法を考え、いつでも中立な立場だった。廣井先生はすばらしい技術者なので、北防波堤、小樽運河などを小樽市民の方々に大事にしてもらいたい」と、小樽運河公園にある廣井勇像を、最後にスライドで映し講座を終えた。


 石川直章主任学芸員は、「『廣井先生』と言う原口先生に愛情を感じた」。受講した廣井勇と同じ高知出身の山下栄(69)さんは、「小樽に来て、廣井勇のことを知り、興味があってこの講座を受けた。知らない一面を知ることが出来た。ぜひ地元の友達に教えてあげたい」と話していた。


 3回の講座を開講する「博物館ゼミナール 小樽学」は、3月19日(日)と26日(日)10:30~12:00。受講無料。予約希望などの問合せは、0134-22-1258 小樽市博物館。


 廣井勇の生涯(PDF)


 北大ものがたり


     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈