大晦日の縁起物、年越しそば!市内そば店は大賑わい! (2005/12/31)

 「人生はそばのように細く長く生きるという意味で食べる」という、大晦日の縁起物・年越しそばを食べて、今年1年を締めくくろうと、12月31日(土)の大晦日を迎え、市内のそば店が賑わっている。


 市内稲穂2丁目の静屋通りにある日本蕎麦店「籔半」では、年越しそば目当ての客が押し寄せ、満員盛況が続く。予約した約2,000食の持ち帰りの「生そば」を求める人も列が出来て、店のスタッフは、戦場のような忙しさにてんてこ舞いで、客の応対に追われていた。


 大晦日は正月の準備を終え、一晩中眠らずに年神様を迎える日。年越しそばは、年を越してから食べるのは縁起が悪いと言われるので、0時までに食べ終わるようにするのが良いとされる。


 住吉神社などに初詣に行く人は、1年を無事に過ごせたことを感謝しながら、年越しそばを食べてから出かけよう。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈