メールより<小樽のタクシー運転手の対応について> (2005/11/30)

九州在住の者です。先般、小樽の観光をさせて戴きました。

匿名で恐縮ですが小樽での経験をちょっと報告させて戴きます。

石原裕次郎記念館からタクシーに乗りました。

運転手お勧めの寿司店まで乗せて戴いたのは良かったですが、

我々は聞いていないのに、

「にしん御殿は行ったか」「ちょっと遠いけど行くべきだ」

「地元の俺が言うのだから・・」としきりに熱弁されました。

他の予定もあり、ちょっと消極的な返答をしたら

「小樽のことを知らないくせに生意気だ」的なニュアンスで我々を

非難し始めました。

結局割高な寿司店を紹介されてタクシーを降りました。

寿司を食べたあと、小樽運河を散策していました。

食後の散策で案内所から海の方面に歩いていたら、

別のタクシー運転手が一方的に怒鳴りつけてきました。

「どこに行っているのか。そっちは何もないぞ」

「市場へ行くのだったらちょっと遠いけど○○に行くべきだ」

他の運転手に聞いてみろ」「タクシー代をケチってはいけない」

「お前ら後悔するぞ」と

何もしていない我々に対し、一方的に脅迫めいた言動で迫ってきました。

結局無視して海の方向に向かって散策を続けました。

九州では絶対にあり得ない態度です。

(近距離乗車ならイヤミを言われることがありますが)

もちろんドライバー氏の主張も分かります。

小樽の海産や、小樽繁栄のルーツには興味はありましたし、

一方でタクシー業界の厳しさも拝察しますが、

押し売り的に怒鳴り、批判するのではなく、

もう少し観光客の身になった対応ができないものなのでしょうか。

個人の旅行スタイルは多様化しており、型にはまらないで

自由に移動や観光を楽しむスタイルに変化しているのです。

小樽は食べ物も美味しく景観もきれいな街なのに、ちょっと残念でした。

本メールが場違いな送信でしたらご容赦下さい。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈