小樽テレビ"/> 蕎麦と落語の粋な席!藪半の「明朝そばと落語の会」!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
蕎麦と落語の粋な席!藪半の「明朝そばと落語の会」! 小樽テレビ (2005/11/22)

 静屋通りにある日本蕎麦店「籔半」(稲穂2)で、一杯やりながら落語を楽しむ「明朝そばと落語の会」の昼の部が、17日(木)14:00から開かれた。


 昨年17年ぶりに復活したこの落語の会。今回は昼夜2回の口演。演目は「紙入」と「厩火事」の二席。演じるのは、今年は9月から本格的な稽古を始めた、市内の人形店主人「竜之家明朝」。素人だけれど、玄人並みの腕前で、店内を埋めた観客から、大きな拍手が送られた。「大衆芸能だった落語が、今では伝統芸能としか見られなくなった。少し寂しい。しかし、お客さんがたくさん来て、笑ってくれたら練習したかいあったなと思う」と話す。


 話の中休みには、同店の樋口板長の横で、No2の斉藤健太郎さんが初めて打った「かぼちゃ切りそば」が供され、参加者は舌鼓を打って、「後味が甘いんです」などと黄色い蕎麦を楽しんでいた。


 昼の部には53名が集まった。2回目の人や初めての人、落語を聞くことが初めての人もいた。会場の人は「初めて落語を聞きました。テレビでは知っていたが、生だと違いますね。本当に楽しい。蕎麦もおいしい。2席目も楽しみ」と黄色いお蕎麦をズルズル音をたてながら食べて、落語で笑って消費した体力を取り戻していた。


 夜の部も19:00から開催され、「かぼちゃ切りそば」と明朝落語が好評を博していた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


簡単!楽しい! 小樽ドローン操縦体験会

商店街によさこいの輪 3団体がパレード

アニメパーティーとコラボ 春祭りライブ

雨で中断 市内小学校の運動会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈