「俳句・短歌・川柳」の力作並ぶ小樽市文学館! (2005/11/11)

haiku1.jpg 11月11日(金)から11月20日(日)まで小樽市文学館(色内1)で、小樽市文化祭実行委員会(山田小樽市長)の主催による、平成17年度小樽市文化祭「俳句・短歌・川柳」大会で受賞した作品が、展示されている。


 会場には、俳句大会の106句の中から選ばれた11句、短歌大会から32首のうち9首、川柳大会から276句のうち9句、計29作品が9つのパネルに分けられて、壁に飾られている。


 俳句では、高崎葉子さんの「子はいつか 離れゆくもの 雪蛍」俳句協会長賞。短歌では、海老名敏子さんの「かの人に 似たる後ろ背 呼ぶとなく 立ちゐる吾を 夕闇つつむ」市長賞。川柳では、竹越見世さんの「空の青 まだまだ生きる 気にさせる」市長賞。


 力作計29作品が小樽市文学館に20日(日)まで並ぶ。入場無料。9:30から17:00まで。11月14日(月)は休館日。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈